小暮浩史

小暮 浩史(こぐれ ひろし)

1988年、東京都生まれ。
16歳より独学でアコースティックギターを始め、
その後18歳より本格的にクラシックギターを始める。
これまでギターを高田元太郎、福田進一各氏に師事。
またマヌエル・バルエコ、エデュアルド・フェルナンデス、パヴェル・シュタイドル、ゾーラン・デュキッチ各氏ほか国内外の演奏家のマスタークラスを多数受講している。

JGAギター音楽祭にゲスト出演するなど、現在は全国各地でリサイタルや演奏活動を行っている。世界的ギタリスト福田進一氏から「晩学の天才」と称され、2013年にデビューアルバム『舞踏の旋回』をリリース。
早稲田大学教育学部社会科学科を卒業後、2014年10月より渡仏。ストラスブール音楽院にてギターをデュオ・メリス(アレクシス・ムズラキス、スサナ・プリエト両氏)、古楽および演奏解釈を今村泰典氏に師事。

2016年度 文化庁新進芸術家海外研修員。

【コンクール歴】

<ソロ>

2009年
GLC学生ギターコンクール大学生の部 第1位
2009年
日本ギターコンクール大学生の部 第1位
(同時に各部門の最優秀賞である読売賞を受賞)
2010年
スペインギター音楽コンクール 第1位
2012年
クラシカルギターコンクール 第1位
2013年
日本ギターコンクール オヌール部門 第1位
2017年
ヴェリア国際ギターコンクール 第1位(ギリシャ)
2017年
アントニー国際ギターコンクール 課題曲賞(フランス)
2017年
東京国際ギターコンクール 第1位

<アンサンブル>

2010年
「Trio福小吉」にて日本ギター重奏コンクール 第1位
同時にHARUMI賞を受賞(Trio福小吉=福井浩気、小暮浩史、吉田潤)
2012年
「こーき&ひろし」にて日本ギター重奏コンクール 第1位
同時にフリーバーズ・ベストデュオ賞を受賞(こーき&ひろし=藤元高輝、小暮浩史)